簡単にできる気分転換「散歩」のススメ

運動が苦手なアナタに。まずはお手軽な散歩で気分爽快。

散歩をするということ

散歩はなぜ身体にいいのでしょうか

では、散歩をすると何が良いのかというお話をまずいたしましょう。
とりあえず何でも個人差はありますというのを前提としておきまして。

普段、お仕事を室内にこもってするという方、私もそうなのですが。
太陽の光を朝通勤の時に浴びたら、帰りには日が暮れてしまっているので、朝の束の間の通勤時間しか太陽の光を浴びないのです。

太陽の光を浴びると紫外線がよくないと言われる時代となっていますが、何でも適度には浴びないといけないのです。

真夏の日差しはキツいので長時間浴びるとよくないですが、ひなたぼっこという言葉もあるように外に出て太陽の光を浴びて伸びをするだけでも気持ちがリラックス出来ます。

室内にこもって仕事している人にとって、外に出て太陽の光を浴びるというだけでも気分転換になるのです。

太陽の光がなぜいいのか

太陽の光を浴びるといいことはたくさんあるのです。
紫外線を受けて肌に悪いというのは、よく聞く話なのですが、調べてみると良いこともたくさん出てきます。

太陽の光を浴びると気分爽快に繋がります。
太陽の光を浴びることにより、眠気を促すホルモンの分泌がとまるといわれています。
つまり、仕事や家事などに追われて疲れた、眠たいとなったときに、もちろん昼寝をするのも一つの手段ですが、散歩をするというのも気分転換にはいいということも頭の片隅に置いておいてもらいたいと思います。

さらに、太陽の光を浴びる時間が少なくなると軽度のうつ病も引き起こされるとのことです。
ですから、日照時間が短くなる秋などにはプチうつ病が流行るという訳です。
せっかく身体を動かしやすくなる気候になる秋です。
ぜひ、散歩して気分よく過ごしたいものです。


この記事をシェアする