ツイッター以外で確実にパパと出会えるサイトを紹介!

(19歳・女子大生・のの花)
山梨県内の大学に通っている女子大生です。
お小遣い稼ぎに、援助交際をしていた時期があります。
これは、確かに気軽に大きな収入が得られる方法です。
しかし、精神的なリスクって結構感じていたんです。
見知らぬ男の人と、ラブホテルという密室に入るわけですから、怖さというのを感じていました。
また、肉体的な負担も否めません。
そこで、より気軽で簡単なお小遣い稼ぎを模索するようになっていました。

 

 風の噂で聞いたことがあるパパ活を思い出しました。
パパ活って、デートパパを作るだけ。
セックス抜きでお小遣いがもらえる。
これなら、援助交際よりはるかに楽。
美味しいご飯も食べられる。
デートだけで大きな収入になったら、こんなに嬉しいことはありません。
県内で、魅力的なパパを発見できる可能性もあります。
ネット使って、募集をやってみることにしました。

 

 当初使ってみたのが、Twitterでした。
山梨県内の、太パパを探すためにツイートをするのですが、思っていた通り、冷やかしリプがたくさんだったりして。
その9割は、冷やかしでパパからのモノはありませんでした。
たまにもしかしたらと思うDMが届くのですが、支払いをしてもいいけれど、信頼を獲得するためにクレジットカードと暗証番号を教えるようになんて言うんですよね。
それ完全に、いっちゃっている考えです。
詐欺の匂いがたくさんしていたので、Twitterは中止。
次に考えたのが、無料掲示板でした。
気軽な無料掲示板だから、太パパのパパがいるかもしれないという気持ちで投稿。
こちらも結果は、Twitterと殆んど同じでした。

 

 ネットでパパ攻略方法を調べてみたのですが、お金持ちが無料のところで相手を探すわけないと書かれていて、今更ながらにして、そうだと思いました。
何処が安全かと調べ、人気の出会い系が書かれていたのです。
ワクワクメールを利用して、再度パパ活に挑戦することにしました。

 

 無料のところとは違って、冷やかしがないのは、とてもありがたく感じました。
半面、たくさんのメールが届くというわけでもない。
男の人は、メールを送るのにも課金が必要ですから、よほどのことがない限りはメールを出さないようですね。
それでも募集を続けた結果、県内在住の50代の方と知り合えました。
支払いは1万5000円。
これは都度払いでの支払いになりました。
実際にお食事して、お金を頂いて、パパ活って本当にあるんだって実感。
このパパとは現在でも、デートというお付き合いのみ続けています。
2人目のパパを探すため、出会い系の中で奔走中です。

このページの先頭へ戻る